HALT/HASS試験 | 受託試験 | 恒温槽・環境試験装置はSevenseeds(セブンシーズ)株式会社
恒温槽・環境試験装置の販売とメンテナンス及び受託試験

HALT/HASS試験

HALT/HASS

Highly Accelerated Life Testing/Highly Accelerated Stress Screening

Thermotron社製品には、「HALT(高加速寿命試験)/HASS(高加速ストレススクリーニング)試験」が出来る試験槽として「ASTシリーズ」が有ります。⇒AST製品の詳細へ

HALT/HASS試験は、米国で考案された試験方法です。近年エレクトロ業界などで多発するリコール問題の対策や、市場における工業製品の信頼性を短時間で向上させる新しいアプローチとして、注目を集めています。すでに欧米諸国では製品の信頼性向上に取り組みを確認するために製造元に対して、HALT試験の実施を要求することが多く、通信・自動車・航空機・船舶・サーバー・PC・電源などの分野では、輸出の際の必須の試験になっています。 HALT/HASS試験の利点は、製造の設計時間やコストを大幅に低減でき、製品の信頼性と品質を向上できることです。また輸出先の仕様(ニーズ)に対応出来ることです。

HALT/HASS

受託試験でこれらの製品を使用することができます。   ≫ 受託試験のご案内

 

HALT試験

HALT試験は、「製品に内在している欠陥や弱点を短時間に抽出する」試験の概念です。 HALT試験はこの手法に従って試験すると、誰でも個人差が無く、同じ結果がえられる方法です。HALT試験で現れた結果を、設計部門や技術部門にフィードバックし、弱点などを再検討・対策をすることにより、更に信頼性の高い製品にする事が出来、販売後の市場からの不良発生率を抑えることにより、コストを抑えることが出来ます。

1)HALT試験は、一般的に以下の様な順序で行われます。
①温度を段階的に下降・上昇させる。
  

 

②温度試験を急激変化を繰り返す。

 

③温度試験を急激変化を繰り返す。

 

④急激温度変化と振動の組み合わせ

 

この様な手法で試験すると、信頼できるデータが誰でも同じ結果として得られます。米国ではごく一般的手法として、電子・電機・自動車などの分野で用いられ、各社で各社の製品内容に沿った規定を作り管理しています。

 

2)HALT 試験(試験機)において重要なことは
製品には温度仕様が決められていますので、温度を下げていけば製品は部分的に動作不良を起こします。この温度を「運転限界温度」と呼びます。しかしストレスを少し軽くする(温度を高い方に少し戻す)ことにより製品は再び正常に作動を始めます。
温度を運転限界温度よりさらに下げて行くと、最終的には製品は故障し、完全に動作しなくなります。この温度を「破壊限界温度」と言います。運転限界との違いは、ストレスを軽くしても製品が再び正常に戻ることはありません。HALTでは、その試験中にストレスにより故障する箇所、その様子を観察する事により製品の弱い部分を見つけると共に、下図のように運転限界点と破壊限界点を見つけることにより製品の運転マージンと破壊マージンを特定することが出来ます。
これによりHALTを通じて運転マージンを大きくすることが目標の一つになります。

 

3)HALT 試験(試験機)において重要なことは

  • いかに温度を早く変化させる事が出来るかです。すなわち製品(試験体)を構成している各種部品や材料にあった適正な温度変化ストレスを与えられるか。
  • 振動でいかに低周波領域で振動エネルギーをストレスとして製品(試験体)に与えられるか。
  • 振動でいかに均一な3軸(XYZ)の振動が印加出来るか。また、状況によっては、HALT試験でのショックパルス振動(1500Gpk以上)を必要とする場合があります。

 

HASS試験

HASS試験とは、出荷後発生するかも知れない潜在的不具合を生産段階で発見するための出荷前ストレス試験です。
HASSは、HALTで得られた設計品質を保持して、製造過程における品質の劣化を監視するための方法を提供します。(不具合の種を摘み取る。)
すなわちHASSで使用する温度や振動の負荷は、HALTで得られた動作限界を基に決定します。

 

HALT/HASS試験用新製品のご紹介

サーモトロン社では、HALT/HASS試験のために新製品を開発しています。
詳しくはこちら

PAGETOP
Copyright(c) 2009-2014 Sevenseeds Corporation. All rights reserved.