サーマルショック恒温槽・環境試験装置 垂直方向移動型の仕様 | 恒温槽・環境試験装置一覧 | 恒温槽・環境試験装置はSevenseeds(セブンシーズ)株式会社
恒温槽・環境試験装置の販売とメンテナンス及び受託試験

サーマルショック恒温槽・環境試験装置 垂直方向移動型の仕様

形式 バスケットのサイズ
W×D×H
Inches/Centimeters
外寸
W×D×H
Inches/Centimeters
トラベリングポート
への上部への突出
Inches/Centimeters
LN2の補助を用いる
時の最大負荷
-65℃~+200℃
(-85℉~+392℉)
機械式冷却のみの
時の最大負荷
-55℃~+85℃
(-67℉~+185℉)
機械式冷却のみの
時の最大負荷
-65℃~+150℃
(-85℉~+302℉)
MIL-STD 883 1010.7
-65℃~+150℃
(-85℉~+302℉)
ATS-100-V― LN2 12x12x12
30x30x30
58x46x76
147x 117x 193
10/25 40 lbs/18 kg 8 lbs/4 kg
ATS-195-V― LN2 15x15x15
38x38x38
64x57x85
163x145x216
25/64 80 lbs/36 kg 15 lbs/7 kg
ATS-195-V-3-3 15x15x15
38x38x38
64x69x85
163x175x216
25/64 80 lbs/36 kg 5 lbs/2 kg LN2 boost required
ATS-195-V-5-5 15x15x15
38x38x38
64x69x85
163x175x216
25/64 80 lbs/36 kg 40 lbs/18 kg 2 lbs/0.9 kg 15 lbs/7 kg
ATS-320-V-LN2 25x15x15
64x38x38
74x57x85
188x145x216
25/64 80 lbs/36 kg 30 lbs/l4 kg
ATS-320-V-3-3 25x15x15
64x38x38
74x72x85
188x183x216
25/64 80 lbs/36 kg 5 lbs/2 kg LN2 boost required
ATS-320-V-10-705 25x15x15
64x38x38
74x72x85
188x183x216
25/64 80 lbs/36 kg 80 lbs/36 kg 35 lbs/16 kg 30 lbs/l4 kg
ATS-900-V-LN2 25x25x25
64x64x64
75x85x96
191x216x244
29/74 120 lbs/54 kg 80 lbs/36 kg
ATS-900-V-705-705 25x25x25
64x64x64
75 x l12 x 96
191x284x244
29/74 120 lbs/54 kg 45 lbs/20 kg 25 lbs/11 kg
ATS-900-V-15-15 25x25x25
64x64x64
75 x l12 x 96
191x284x244
29/74 120 lbs/54 kg 120 lbs/54 kg 40 lbs/18 kg 60 lbs/27 kg
ATS-900-V-25-25 25x25x25
64x64x64
75 x l12 x 96
191x284x244
29/74 120 lbs/54 kg 120 lbs/54 kg 80 lbs/36 kg 80 lbs/36 kg

■60Hzの電源と周囲の温度23.9℃(75°F)、相対湿度50%に基づいた性能です。50Hzの電源を用いたり周囲の温度や湿度が違ったりすると、性能に僅かな差が出る可能性があります。
試験装置は通常の試験室の条件での使用に合わせて設計されています。条件が通常と異なる場合はSevenseeds(株)にご相談下さい。
Thermotronは、この装置が危険でない環境で使用されることを想定しています。危険な製品の製造を目的とする使用に合わせては設計されていません。もし、危険な製品に関わる場合は、適切な設計のために別の提案をしますので、Sevenseeds(株)に相談して下さい。
本装置は、石油製品が表面に付いている被試験体に合わせては設計されていません。表面にトランスミッション油やオイル等が付いている物を試験する場合は、適切な保護についてThermotronアプリケーショングループで検査する必要があります。

仕様は予告なしに変更されることがあります。

1.これらの装置のオプションとしてLN2による冷却があります。低温/高温室での温度範囲が-73℃~+177℃(-99°F~ +350°F)で、高温室での温度範囲が+60℃~+200℃(+140°F~ +392°F)です。
2.性能に関する注:
a.Thermotoronの基準試験熱負荷は12ゲージのスチールプレートです。一つ一つのスチールプレートの表面の広さは65平方インチです。このプレートの表面が空気の流れに平行になるようにバスケットの中に配置されます。

b.棚を追加した場合は、その分の重量を上の表中の被試験体の負荷重量に含めなければいけません。
c.能力は、被試験体が移動前に極端な温度に維持されていることを前提にしており、常温で維持されているという条件ではありません。
d.LN2による冷却が使われる場合は、冷凍機方式冷却の使用は少しだけで低温を維持できます。要求された時間での温度変化を達成できる量のLN2が必要です。
e.MIL-STD 883メソッド1010.6及びMIL-STD 202メソッド107Gに対応した試験も行えます。
f.LN2のみを用いる試験装置では冷凍機方式冷却は用いずLN2で冷却する場合の最大負荷です。

■ オプションのアクセサリや機器を用意できます。
・ThermAlarmTMによる過熱に対するアラーム
・チャートレコーダー
・デジタルプリンタ
・IEEE-488またはRS-232コンピュータインターフェイス
・トラベリングポート
・減音システム
・窓および室内灯
・ディスコネクトスイッチ
・空冷式コンデンサ
・被試験体用の棚
・LN2またはC02による冷却
・GN2パ~ジまたはドライエアパージ
・湿度オプション

サーマルショック恒温槽・環境試験装置 垂直方向移動型の特徴

サーマルショック恒温槽・環境試験装置 垂直方向移動型

■ その他の恒温槽・環境試験装置

恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 ベンチトップシリーズ 恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 S/SMシリーズ 恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 SEシリーズ 恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 ウォークインチャンバー
恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 HALT/HASS 恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 ESSシリーズ 恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 熱衝撃試験装置 恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 FAシリーズ
恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 振動試験機 恒温槽・恒湿槽・環境試験装置の矢印 AGREEシリーズ
PAGETOP
Copyright(c) 2009-2014 Sevenseeds Corporation. All rights reserved.